仮想通貨リスク

リスク 特徴とは!?

投稿日:

リスクとは、、、

分散型アプリケーションプラットフォーム。プラットフォーム内で利用できる通貨名をLISKという。3つの特徴があり、一つ目はスマートコントラクトの記述言語にウェブ技術でメジャーなjavascriptを採用していること。二つ目はアプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用していること。三つめはDAppsで立ち上げたブロックチェーンの承認システムを開発者が自由にカスタマイズできるという事。

とまぁ、初心者にはなんのこっちゃという説明書きが書いてある。(コインチェックより)

ちなみに日本の取り扱い所ではコインチェックのみで販売可能。

これからビットフライヤーなんかでも取り上げられると人気も高まるであろうと期待中。

続き、、、、あまり詳しく説明はしたくないが、だれでも分かりやすい情報としては総発行枚数は無限(インフレ通貨)。BTCをはじめとする仮想通貨は発行枚数がある程度決められていてその上限が来たら終わり。金の発掘と同じようなイメージかな。

それに対してLISKはそのようなことは無い。日本銀行が発行している紙幣みたいなもの。

単純に考えたら、なかなか値上がりや価値がいきなり変わるというものではなさそうだ。

もう一つ、先ほど述べたがJavascriptというものを採用しているのでwebエンジニアにとっては開発に参入しやすくなっているという点。

という事は、ちょっとした人なら誰でもLISKを作れるという事か!?それでは値上がりに無茶苦茶には期待できないというのも予測できる。

だが、まだ2016年の5月に公開されたばかりの仮想通貨。

新しいほうの仮想通貨にも関わらず、上位の時価総額にランクインをしていて期待が広がる。

 

ビットコイン・イーサリアム等と他と異なる技術があるLISKにかけてみようと思ったのだ。

 

 

-仮想通貨リスク

Copyright© 輸入サプリメント専門店 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.